南のFreshなこと

夏を涼しくするグラスと、それを飾るカクテルデザイナー。

夏を涼しくするグラスと、それを飾るカクテルデザイナー。

今回も京都からお届け!
関西の拠点として京都に事務所を構えるようになってもうすぐ2年。訪れる機会が増え、家族で営む手作りパン屋や、風情のある喫茶店など、徐々に行きつけも増えてきました。「これは東京にないかも!?」と特に衝撃的だった"ヤバい店"が、Bar『nokishita711 gin&cocktail lab.』。


L1040917.JPG

ドリンクディレクター・セキネトモイキさん

国内外から集めた30種類以上のクラフトジンが楽しめる店で、それだけでなく、カクテルの提供の仕方がとても斬新なんです。そんな店を営むのが、ドリンクディレクター・セキネトモイキさん。ジン各種の味わいに合わせて、抹茶粉やヒノキ、さらに線香の煙を隠し味にした、京の都ならではのオリジナルカクテルの数々が味わえます。


L1040931.JPG

その味、見た目ともに、もはやアーティストの域。どれも料理を越える創造性!前回訪れたときにフレッシュサービスで販売しているヴィジョングラスの話をしたら興味を持っていただき、特別にそのグラスを使った南オリジナルカクテルを作っていただきました(笑)。


L1040951.JPG 京都と英国の伝統を融合させた『季の美 京都ドライジン』には、ヒノキの木屑を大胆に乗せて香りを楽しむ一杯に。

L1040965.JPG 和柑橘の爽やかな香りと山椒のスパイスが効いた『NIKKA COFFEY GIN』をフルーティーなヨーグルトテイストで仕上げたトロピカルカクテル。

L1040971.JPG ゆず、桜の花と葉など、日本らしい6種の食材を使った『ROKU GIN』の"和テイスト"を抹茶粉でさらに際立たせた。

L1040989.JPG 前回紹介した宮野さんがインポートする「BARR HILL GIN」をベースに、大小のサイズの異なるグラスを活かして、しそと線香の香りを閉じ込めたセキネさんの創造性が光る一杯。

L1040991.JPG カウンターだけの落ちついた店内。海外の方も多くて気軽に入れる雰囲気なので、京都に訪れる際は立ち寄ってみてください。

SHOP DATA
『nokishita711 gin&cocktail lab.』
住所:〒600-8019 京都府京都市下京区船頭町235
URLnokishita.net
電話番号:075-741-6564
営業時間:18時00分〜2時00分(L.O.)
定休日:なし

今回、使用したグラスはFreshService onlineでも販売しています。
ぜひ、チェックしてみてください。

120008892.jpg

▼VISION GLASS M 商品詳細ページ
http://store.freshservice.jp/?pid=120008892

120008889.jpg

▼VISION GLASS LW 商品詳細ページ
http://store.freshservice.jp/?pid=120008889

120008885.jpg

▼VISION GLASS LH 商品詳細ページ
http://store.freshservice.jp/?pid=120008885


118575377.jpg

▼crisa universal tumbler 商品詳細ページ
http://store.freshservice.jp/?pid=118575377

▼その他商品も、ぜひチェックしてみてください!
freshservice.jp

TO TOP